政治学者 高橋 肇のブログサイト。 政治学を中心とした学術的なテーマを掲載。 その他のテーマは、たかはしはじめ日記へ。

 

Hajime TAKAHASHI's Politics

04< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>06
政治学(中京/2006)の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 11:00:48 «Edit»
2007
12/18
Tue
Category:政治学(中京/2006)

政治学B(レポートその4/2007秋) 

政治学B(レポートその4/2007秋)

レポート課題その4は次のとおりとする。

■テーマ 「グローバル化時代における憲法と立憲主義」または「政治学Bを履修して」

■提出日 1/8の授業時
(遅れて提出の場合には、1/15の試験答案提出時まで受け付ける。その際の評点は80%とする。それ以降の提出は受け付けない。)

■注意 引用にあたっては、引用部分をかぎかっこで囲むと同時に、引用文献(著者名、著書名、出版社、出版年、ページ)を必ず明示すること。

レポートの提出様式と採点基準について

スポンサーサイト
tb: --    com: (0)
Posted on 15:20:53 «Edit»
2006
12/19
Tue
Category:政治学(中京/2006)

政治学B(第13回) 

政治学B【中京大学】
12/19(第13回)
試験について再度アナウンス。講義で話した内容について簡単に振り返りつつ、支持率が50%を割った安倍政権の現在と今後についてコメントした。また、議会政治と政党政治の過去・現在・未来についても語った。

年明けに試験。記述式5問。
tb: --    com: (0)
Posted on 20:08:19 «Edit»
2006
12/12
Tue
Category:政治学(中京/2006)

政治学B(第12回) 

政治学B【中京大学】
12/12(第12回)
試験とレポート(その4)についてアナウンス。
市民革命後の統治について、フランスを例に概説。フランス革命による国民議会の成立以降、統治機構の確立をめぐって、帝政や王政復古などの紆余曲折を経て、近代的な市民法、官僚制、軍隊が形成されていった経緯、および、議会の確立とは別に執行権力確立の課題が存在したことなどについて講義。次いで、明治維新以降の日本における内閣制、官制、軍隊の形成と議会制との関係についても概説。戦後日本における行政官僚制と内閣=与党幹部と与党との関係、日本の政党制と議会をめぐる論点について講義した。

次回は、日本政治の現在と今後をめぐっていくつかコメントすることで、講義のまとめとしたい。

なお、次回、レポート課題(その4)の提出を受け付けます。
tb: --    com: (0)
Posted on 18:24:00 «Edit»
2006
12/05
Tue
Category:政治学(中京/2006)

政治学B(第11回) 

政治学B【中京大学】

12/5(第11回)
冒頭で授業評価アンケートを実施。試験実施についてアナウンス。
議会主義の歴史についてイギリス議会制の発展過程を概観することでその意味について考察した。王権下の身分制議会について。領域代表(身分代表)としての議会制。王権派と議会派の対立と市民革命による議会主権の確立。市民革命後の統治をめぐる紆余曲折。アメリカ独立革命とフランス革命。

次回(12/12)は、市民革命後の統治について、英仏における紆余曲折やアメリカ合衆国憲法制定時の議論などを含めて概説する予定。議会制と内閣制。大統領制。統治権力と議会制と民主制について。

----
なお、レポート課題(その4)は以下の通りとします。

レポート課題(その4):政治関連の本を自分で一冊選んで読み、その本についてレポートせよ。

提出様式:A4用紙1枚にまとめる。表紙は付けない(提出できるのはあくまでA4用紙1枚のみ)。A4用紙を縦に使用し、横書き。手書き、ワープロいずれでも可。用紙の冒頭にレポートタイトル、学科、学籍番号、氏名を2行以内で記入の上、レポート本文を書くこと。文字数、行数は自由。表裏使用可。
提出期限:12/19の授業時にレポート提出のこと。(レポートの提出が遅れる場合、1/16の試験答案提出時に受け付ける。ただし、遅れて提出の場合の評点は80%とする)なお、それ以降は理由のいかんに関わらず受け付けない。
tb: --    com: (0)
Posted on 13:01:14 «Edit»
2006
11/29
Wed
Category:政治学(中京/2006)

政治学B(第10回) 

政治学B【中京大学】

11/28 (第10回)
1993~4年の政治改革について。連座制の強化。政治家個人への企業・団体献金の制限とその意味について。政党助成法の内容とその意味について。議会主権と政党政治について。議会内党派と内閣制について。

次週は、議会主義の歴史と議会主権の確立における政党の役割。内閣制と議会主義の関係。行政官僚制と議会制・内閣制について。議会制と民主主義について。
tb: --    com: (0)
Posted on 12:08:59 «Edit»
2006
11/22
Wed
Category:政治学(中京/2006)

政治学B(第9回) 

政治学B【中京大学】
11/21(第9回)
政治改革のうち、選挙制度改革がもった意味について講義した。
1955年から93年までの中選挙区時代の政党政治の問題点について。とくに自民党派閥問題および野党第一党問題。1996年以後の小選挙区選挙の意義について。80年代後半の参院選及び衆院選と社会党問題について。

次回は、政治資金規正法の改正と政党助成法について。政党とはなにか。
tb: --    com: (0)
Posted on 21:51:58 «Edit»
2006
11/14
Tue
Category:政治学(中京/2006)

政治学B(第8回) 

政治学B【中京大学】

11/15(第8回)
戦後日本政治について。冷戦枠組みの崩壊と1993年政治改革の背景と内容について。戦後冷戦構造とその崩壊。高度経済成長と自民党一党優位の体制。政治改革の背景と内容。

次回は、政治改革法の意義について(その1:小選挙区制)。
tb: --    com: (0)
Posted on 18:15:26 «Edit»
2006
11/07
Tue
Category:政治学(中京/2006)

政治学B(第7回) 

政治学B【中京大学】

11/7(第7回)
映画『国会へ行こう』を解説。93年以前の自民党政治について。官僚と政治家の関係について。選挙区と「金来火来」。自民党国会議員の選挙区事情と活動。業界と政治家。政官業関係と政治献金。小選挙区制と政党助成法の導入による変化。

次回は、1993年の自民党分裂と政治改革関連法について。
tb: --    com: (0)
Posted on 17:09:06 «Edit»
2006
10/31
Tue
Category:政治学(中京/2006)

政治学B(第6回) 

政治学B【中京大学】
10/31(第6回)
映画『国会へ行こう』(続き)を見る。1993年の自民党分裂と政治改革をテーマにした映画。フィクションではあるが、当時の政治状況を知るには格好の教材である。

次回(11/7)は、映画の解説をしながら、政治改革と政界再編について講義します。なお、レポート課題(その3)の提出を受け付けますので、忘れないこと。
tb: --    com: (0)
Posted on 18:08:44 «Edit»
2006
10/24
Tue
Category:政治学(中京/2006)

政治学B(第5回) 

政治学B【中京大学】

10/24(第5回)
衆院補選の結果について。来年の参院選の予測と安倍政権長期化について。50年代、60年代、70年代、80年代、90年代、2000年代の日本政治の特徴の概説と90年代政治改革について。映画『国会へ行こう』を見る。

次回(10/31)は、映画の続きを見ます。授業開始直後から上映しますので、遅れないこと。また、レポート課題(その2)の提出を受け付けますので、忘れないこと。

----
なお、レポート課題(その3)は以下の通りとします。


レポート課題(その3):「映画『国会へ行こう』を見て政治改革について考える」
 ※授業で見た映画『国会へ行こう』

提出様式:A4用紙1枚にまとめる。表紙は付けない(提出できるのはあくまでA4用紙1枚のみ)。A4用紙を縦に使用し、横書き。手書き、ワープロいずれでも可。用紙の冒頭にレポートタイトル、学科、学籍番号、氏名を2行以内で記入の上、レポート本文を書くこと。文字数、行数は自由。表裏使用可。
提出期限:11/7の授業時にレポート提出のこと。(レポートの提出が遅れる場合、11/14の授業時提出分まで受け付ける。ただし、遅れて提出の場合の評点は80%とする)なお、それ以降は理由のいかんに関わらず受け付けない。
tb: --    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。