政治学者 高橋 肇のブログサイト。 政治学を中心とした学術的なテーマを掲載。 その他のテーマは、たかはしはじめ日記へ。

 

Hajime TAKAHASHI's Politics

05< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>07
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 14:40:00 «Edit»
2009
05/26
Tue
Category:政治学A(中京八事/2009春)

政治学A(中京八事/火3/2009春) 第7回  

2009年度春学期
政治学A
日本の政治の現在


第7回

歴史と比較の中の自民党システム

「戦前との連続か断絶か?」を超えて
行政官僚制と議会~江戸期の特殊性
分権的幕藩体制と近代行政官僚制の萌芽
村方役職者への「入れ札」などの「民主化」
しかし、近代議会の萌芽は無し

封建制の成熟にもかかわらず、身分制議会の発展が見られなかった。

ヨーロッパ:血みどろの近世における議会の発展
日本:平和な近世江戸期における議会の不必要

近世江戸期と戦後の共通性
戦争と外交の回避
国内平和と経済的繁栄

日本における自民党システムの特殊性
与党と行政官僚制との緊密な協働体制

行政官僚制と与党
行政官僚制が先行し、そこに与党自民党が覆いかぶさる

江戸近世の統治システム
近代官僚制の原型の形成
勘定所
行政を担う武士、試験による採用、能力主義・実力主義による昇進、階層的行政組織の形成 (足高の制、御家人株・・・)
他方における、議会の不在

明治期における官僚制の整備
江戸期の遺産
武士層の中から人材育成
豪農・商人層などの知的階級の存在
全体的な教育水準の高さ

明治維新以降における近代官僚制の完成のスピードの早さ
戦前日本における行政官僚制の成熟

成熟した行政官僚制と未成熟な議会
占領軍による行政官僚制の活用
陸海軍と内務省は解体
大蔵省を中心とする省庁官僚制は存続
「行政の温存と強化」(辻清明)

国会の未成熟
1955年の国会法改正
新憲法と自民党
議会多数派としての与党自民党
国民主権と唯一の立法機関としての国会

行政官僚制と与党自民党
妥協と役割分担
大臣の人事権の弱さ、行政的プロセスとしての閣議決定、行政官主体の内閣官房・・・
政調会、法案事前審査制・・・
一般会計と特別会計(⇒第5章)

分権性と合意重視のシステム
江戸期に形成された慣行

幕藩体制における集権性と分権性
農村の自治と豊かさ
城下町に集住、サラリーマン化する武士
所領支配からの切り離し(⇔イギリス)
「土地は農民のもの」(明治期「地租改正」)

江戸の民主主義 入れ札と合議制
入れ札(投票による役職者の選出)
名主、庄屋、年寄、百姓代・・・ 目付
合議制と輪番制
老中、目付、勘定奉行

「稟議制」

国家レベルにおける「議会」の欠落

議会とは?
王権による動員と合意の調達
戦争と外交
徴兵と課税(軍事力と経済力の動員)
国王と議会の妥協と協力

統治主体としての意思決定機関へ
フランス:王権と三部会の対立と決裂
ドイツ:協賛機関としての議会
イギリス:王権と議会による共同統治から議会下院の主権へ(「王は君臨すれども統治せず」)

国家運営の主体としての議会
リベラルリーダーシップの担い手としての議会

統治の主体的責任機関としてのイギリス議会

統治の責任機関としての議会の成熟と民主化

リベラルリーダーシップの確立後の民主化
イギリス
リベラルリーダーシップの確立無き民主化
フランス、ドイツ、日本

戦前日本の議会
主権的議会になりきれなかった
議会の核となるべき社会勢力の不在

戦後新憲法とリベラルリーダーシップの不在
意思決定の主体になりきれない国会
統治責任の行政官僚制によるカバー

⇒自民党と行政官僚制との妥協と役割分担の体制


「民主的幻想」
民主主義だけでは民主主義を維持できない
リーダーシップの必要性

ボトムアップとコンセンサスの強さ
リベラルリーダーシップの脆弱さ

民主主義の過剰?


議員になるハードル
兼任の禁止
兼職の禁止

政界への人材供給の狭さ
二世議員の多さ
競争の弱さ(一種の寡占状態)
インサイダー政治の強化と継続


比較の中の自民党システム
新憲法における国会優位規定

1955年まで:官僚主導と与党勢力不安定
1955年以降:自民党の成立
⇒官僚と自民党の協働と分担:保守政権の維持

1970年前後:自民党システムの成立
与党自民党の了解なしに政策が遂行できない体制

自民党システムと官僚の組織力
政調会、法案の事前審査制度
族議員、人事システム
国会(与党自民党)による予算と法律の掌握
⇒棲み分けによる官僚の影響力と権益の維持

官僚(各省庁)の組織力の強さ
各省庁設置法、権限と予算、集権的で自立的な人事管理体制、情報とネットワーク
行政的な大臣補佐機構(官僚任せの大臣)
大臣の政治的な補佐機構の弱さ
内閣官房という行政的なしくみ
各省の応援団として機能する族議員


自民党システムの制度化と安定
70年代~80年代:自民党システムの安定化
衆参両院における過半数の維持
政権を争う対抗する野党の不在

自民党内における人事と政策決定ルールの制度化
政調会、法案事前審査制、人事の年功序列、派閥によるポスト割りふり、現場主義とボトムアップ(中選挙区制)

国会審議の形骸化
国会外でおこなわれる事前審査(自民党総務会での了解)、国会審議の難しさと国会対策、質問取りと大臣答弁


執政中枢の弱さ
政府と与党の二元体制
「官僚内閣制」と「事前審査する与党」

首相のリーダーシップへの制約
合議制機関としての内閣、各省庁の縦割り体制、首相補佐機構の脆弱、行政機関としての内閣官房、派閥均衡人事としての党三役、族議員と鉄の三角形、合意重視の意思決定システム・・・

自民党政治家と官僚


次回、第5章「自民党システムの終焉」
自民党型戦後合意の崩壊
「戦後」、「冷戦後」、「グローバル化」
新しい政治システムへ?
行政から行法へ

----
レポート課題(その2)
テーマ 『自民党政治の終わり』を読んで

自民党システムとは何か、自民党システムについてどう思うか、新しい政治システムの展望などについて自分なりに整理するとともに、自分の意見を展開せよ。

レポートの提出様式に従うこと

■注意 引用にあたっては、引用部分をかぎかっこで囲むと同時に、引用文献(著者名、著書名、出版社、出版年、ページ)を必ず明示すること。 

■提出日 6/16の授業時
 (遅れて提出の場合には、6/23の授業時まで受け付ける。その際の評点は80%とする。それ以降の提出は受け付けない。)

スポンサーサイト
tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。