政治学者 高橋 肇のブログサイト。 政治学を中心とした学術的なテーマを掲載。 その他のテーマは、たかはしはじめ日記へ。

 

Hajime TAKAHASHI's Politics

07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 14:40:00 «Edit»
2009
06/02
Tue
Category:政治学A(中京八事/2009春)

政治学A(中京八事/火3/2009春) 第8回  

2009年度春学期
政治学A
日本の政治の現在

第8回

第5章「自民党システムの終焉」

自民党型戦後合意の崩壊
「戦後」、「冷戦後」、「グローバル化」
新しい政治システムへ
行政から行法へ

「旧来派」vs.「新自由主義」
小選挙区制と野党の成長
「江戸」の終わり
自民党型リーダーシップの時代の終わり
政権交代型へ

自民党システムが生き延びた理由
社会への浸透
持続性の強さ

「戦後合意」の崩壊
平和と繁栄と平等とコンセンサス
「自然な政権」としての自民党政権

経済成長と財政資金による戦後合意の実現

土建国家と利益誘導
核心としての道路特定財源

「冷戦に勝利した日本」~冷戦の終焉
高度成長の終焉
バブル崩壊
少子高齢化社会

財政資金散布の限界

1990年代の政治改革
小選挙区制導入と政党助成金

橋本行革
省庁再編、官邸機能の強化
「経済財政諮問会議」

国会改革と副大臣制
政府委員制度の廃止、副大臣・大臣政務官


執政中枢の強化とそれへの抵抗
道路族を中心とする「旧来派」と「構造改革派」

自民党システムの血液としての道路特定財源
田中角栄と道路特定財源
小泉純一郎と道路特定財源

道路特定財源によるインサイダー政治


「戦後」「冷戦後」「グローバル化」

「戦後」憲法(1947年憲法)と「冷戦後」の時代

吉田ドクトリンとグローバル化の時代

メディア政治と「大統領化」


新しい政治システムへ

「決定的選挙」としての2007年参院選
農村地域における民主党の地すべり的勝利

(二つのハードル)
国会の自律性の高さと二院制
政党内ガバナンスの問題
民主的決定とリーダーへの授権


政治と行政官僚制
行政から行法へ(大森彌)

ヨーロッパ標準の議院内閣制へ

政権交代のあるシステム
下院の強化(下院と第二院の差別化)
政権選択としての下院選挙(首相と政策)
政府の主導(政府と議会)
メディア政治と説明責任


政治システムのゆくえ
自民党システムのバージョンアップか
政権交代システムか

小選挙区制効果、経済成長と冷戦の終焉

自民党の野党化と分裂の可能性
グローバル化とインサイダー政治の終焉
対話と責任のメカニズムへ(主権的議会へ)


レポート課題(その2)
テーマ 『自民党政治の終わり』を読んで

自民党システムとは何か、自民党システムについてどう思うか、新しい政治システムの展望などについて自分なりに整理するとともに、自分の意見を展開せよ。

■提出日 6/16の授業時
 (遅れて提出の場合には、6/23の授業時まで受け付ける。その際の評点は80%とする。それ以降の提出は受け付けない。)

レポートの提出様式に従うこと
スポンサーサイト
tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。