政治学者 高橋 肇のブログサイト。 政治学を中心とした学術的なテーマを掲載。 その他のテーマは、たかはしはじめ日記へ。

 

Hajime TAKAHASHI's Politics

06< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>08
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 14:40:00 «Edit»
2009
06/23
Tue
Category:政治学A(中京八事/2009春)

政治学A(中京八事/火3/2009春) 第11回  

2009年度春学期
政治学A
日本の政治の現在

第11回

政権交代なき政党政治

「自民党システムとはなにか?」

政党政治が議院内閣制を機能させる

「対話と説得」<=>「意見調整と決定」
競争的政党制

政権基盤としての議会内多数派(多数党)
競争的政党制と政権選択
総選挙⇒首相指名選挙

日本における政権選択選挙の不在

一党優位制と擬似政権交代
自民党総裁選(もしくは話し合い)による首相選出

野党の影響力
国会運営に対する政府権限の弱さ


一党優位制の問題点
政権の失敗と与党の責任の分断

中選挙区制
候補者中心の選挙(派閥による棲み分け)
与野党の棲み分け

政権を維持する目的の消失
自民党システム
審議会システム
省庁官僚制による民意の集約
内閣提出法案への事前審査制
政府・与党二元体制
総務会による党議拘束
討論の無意味化、採決のみの国会
短い審議日程(会期制)と国対政治


日本の政党政治
政権交代なき政党政治における野党
野党の役割とは?

議員集団としての日本の政党

「御用聞き政治家」~
有権者の要望を生のまま政府に伝える
省庁代表制による民意集約


イギリスの議院内閣制
議院内閣制の母国イギリス
議会主権の強さ~内閣も司法も議会の一部
「議会の中の国王」
ウォルポール辞任とダウニング街十番地

立憲制と民主制
選挙権の拡大と議院内閣制の民主化
下院優位の原則
党首への党内権力の集中⇒首相権限の強化


アメリカの大統領制
独立戦争から合衆国憲法へ
権力分立論の影響の強さ
厳格な三権分立
連邦政府の権力の抑制

議会と政党政治の発展から大統領の役割の重要化へ
大統領優位の政治形態へ


フランスの半大統領制
政治体制の実験室としてのフランス

議会中心主義だが内閣が安定しない
第三共和政、第四共和政

半大統領制
第五共和政

韓国の大統領制
権力集中傾向の強さ

権力分立(権力抑制)の観念の弱さ
法の支配の観念の弱さ
議会制の伝統の浅さ

議会ではなく大統領による国民統合
「単任制」、地域主義の強さ、議会と政党の弱さ


議会制と行政権運営
議会制の定着度
政党政治の強弱

行政権の構造
行政権の集中か分散か


政官関係
猟官制と政治腐敗
⇒専門官僚制(資格任用制)の導入
身分制的官僚制から資格任用制型官僚制へ
官僚制の近代化

政治と行政、企画と実施
効率性・有効性・中立性・党派性


アメリカの政治的任命制
公務員に関する政治的任命が盛ん
州によっては司法も公選職
連邦の約3200ポストが政治的任命

利益政治と非効率から資格任用制の導入
身分としての官僚層の形成にはならず(軍部除く)
専門家の個別登用をめざす制度
強固な官僚制の不在


イギリスの恒久官僚制
19世紀半ばから資格任用制
高い専門能力を持った高級官僚

政権交代の繰り返しと政治的中立性の原則

党派性を持たず、政権に忠誠


フランスにおける官僚の二分化
ナポレオン帝政期における近代官僚制の整備
近代的学校制度と資格任用制

官房と各局
官房への政治的任命と局の自律性
立案レベルへの政治的統制
実施レベルの自律性
身分保障と政治的任用


ドイツにおける市民としての官僚
プロイセン以来の特権的官僚制の敗戦による解体

「市民としての官僚」
官僚による政治活動の保障
厚い身分保障

多数代表か比例代表か
多数派民主制のイギリス

多極共存型民主政のオランダ

選挙制度の選択

社会的状況の関数
日本において 政権交代可能な民主政は可能か?

1994年の選挙制度改革

政権交代可能な政党システムへ
官僚内閣制から議院内閣制へ



レポート課題(その3)
テーマ 『議院内閣制と政党政治』

■提出日 7/7の授業時
 (遅れて提出の場合には、7/14の授業時まで受け付ける。その際の評点は80%とする。それ以降の提出は受け付けない。)

レポートの提出様式に従うこと

■注意 引用にあたっては、引用部分をかぎかっこで囲むと同時に、引用文献(著者名、著書名、出版社、出版年、ページ)を必ず明示すること。 
スポンサーサイト
tb: --    com: (2)
 了解しました
事情はわかりましたので、14日に提出していただければ結構です。
  by Takahashihajime
 7日提出のレポート課題について
高橋先生

いつもお世話になっております。科目等履修生として受講させていただいております、S109Y01の者です。
来週7日に提出となっているレポート課題についてなのですが、来週は私が非常勤で勤務している学校の都合で、どうしても出席することができません。
減点にならないよう、前もって提出しようと思い、本日持参したのですが・・・27日から1日まで休校になっているのですね・・・。

7日はどうしても提出できないため、なんとか事前に提出したいのですが、メールなどで送付させていただくことはできないでしょうか?

 S109Y01
  by S109Y01
 コメント 
了解しました
事情はわかりましたので、14日に提出していただければ結構です。
7日提出のレポート課題について
高橋先生

いつもお世話になっております。科目等履修生として受講させていただいております、S109Y01の者です。
来週7日に提出となっているレポート課題についてなのですが、来週は私が非常勤で勤務している学校の都合で、どうしても出席することができません。
減点にならないよう、前もって提出しようと思い、本日持参したのですが・・・27日から1日まで休校になっているのですね・・・。

7日はどうしても提出できないため、なんとか事前に提出したいのですが、メールなどで送付させていただくことはできないでしょうか?

 S109Y01
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。