政治学者 高橋 肇のブログサイト。 政治学を中心とした学術的なテーマを掲載。 その他のテーマは、たかはしはじめ日記へ。

 

Hajime TAKAHASHI's Politics

03< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>05
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 12:01:37 «Edit»
2009
07/30
Thu
Category:政治学A(中京八事/2009春)

試験の結果について 

一昨日(7/28)定期試験を実施しました。すでに採点を終え、成績表も提出しましたので、その結果について、統計的データを公開するとともに、若干のコメントを付しておきます。

今回の受講生にとっては、自己評価の参考になると思いますし、来期以降の受講生にとっては、科目受講の参考になるかと思います。


受講者数 149名
受験者数 117名   (試験受験率  78.5%)

試験(70点満点)の平均点 59.5点 (※残り30点はレポート点 10点×3回=30点)

仮に試験の成績が平均点だとすると、レポート点で1点を越えれば単位取得となる。

評点全体(100点満点)の平均点は、71.9点だった。


レポート点(30点満点)と合わせた合計点(100点満点)による合否。

                (構成比 対受験者数)
S(90点以上) 22名   (18.8%)
A(80点以上) 46名   (39.3%)
B(70点以上) 18名   (15.4%)
C(60点以上) 13名   (11.1%)
D(60点未満) 18名   (15.4%)
F(不受験)    32名       (-)

合格率(対受験者数比) 84.6%

試験を受けた者のうち、84.6%が合格(=単位取得)。うち、18.8%がS評価であった。A評価以上は、58.1%と、6割近くがA評価以上であった。

昨年と比べて成績上位者が多かった反面、合格率が低かった。

コメントをいくつか。

1)今回は例年に比べて、評価Dの者がかなり多かった。評価Dの18名のうち、レポート提出0回の者が13名と圧倒的であった。ちなみに、この13名の試験の平均点は31.4点であった。レポート提出1回の者が4名(試験の平均点は33.3点)、レポート提出3回の者1名(試験15点)であった。

※D評価の者は試験の点も低いが、レポート点が無い(もしくは低い)ことが決定的である。

2)C評価13名のうち、レポート点を加えた100点満点中、65点以上が3名、60点以上65点未満が5名、55点以上60点未満が5名であった。本来ならば60点以上をC評価(合格)とすべきところ、55点まで救済した。

3)試験の評点を70点にしたことで、レポート提出がなくても単位を取得した者が7名いた。その善し悪しの判断は迷うところだが、試験の評点を60点としていた昨年までの方式であれば、この7名中、試験が満点であった1名を除いては単位取得不可となっていたかもしれない。言えることは、授業への態度や理解において明らかな二極分化が生じているということである。授業でなにかを得ようとして意欲的に学ぶ学生と、単に単位取得だけを目的にする学生との間の深い亀裂を伴った二極分化のように思われるのだがどうだろうか。
スポンサーサイト
tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。