政治学者 高橋 肇のブログサイト。 政治学を中心とした学術的なテーマを掲載。 その他のテーマは、たかはしはじめ日記へ。

 

Hajime TAKAHASHI's Politics

03< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>05
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 14:40:00 «Edit»
2009
11/24
Tue
Category:政治学B(中京八事/2009秋)

政治学B(中京八事/火3/2009秋) 第8回  

2009年度秋学期
政治学B
政治とはなにか

第8回

選挙にのりだす
新規参入は可能か?
やみくもに自分の政治的所信を訴えかけても多数の議席を獲得できない
政党の数と構成(=政党システム)の大枠は決まっている

社会階層・階級、地域、宗派・・・・

どの社会層に働きかけるのか
競合する既成政党はどこか
自分たちの特色はどこにあるのか

自分たちの置かれている位置
政党と社会層との関係
歴史的社会的条件によって形成されてきた
宗教改革や市民革命のプロセス
カトリックとプロテスタントの対立
中央と地方の利害関係の組織化
地域間の利害対立、宗派対立、民族対立
農村の土地所有者と都市の資本化
農業と工業など産業部門間の利害関係
資本家と労働者の階級対立

社会的利害対立と社会層の形成

社会層を代表する政党の数と構成に影響

イギリスにおける二大政党制
比較的平和な形で順次利害対立が解決されてきた
宗派対立(清教徒革命から名誉革命へ)
都市と農村の利害対立
労働者と資本家の利害対立

国教会vs.非国教会(トーリーとホイッグ)
土地所有者vs.都市の工業(保守党と自由党)
保守・資本家vs.労働運動(保守党と労働党)


選挙制度と政党システム
小選挙区制と二大政党制

小選挙区制にもかかわらず多党制であったドイツ(1871年~)
社会民主党、中央党、保守党、国民自由党、左翼リベラル

ドイツの政党システム
1871年ドイツ帝国による国民的統一
宗派対立、地域利害対立、社会経済的利害対立に基づく国民各層の分裂
⇒そのまま、政党の数と構成に反映

社会民主党~産業化の過程で形成された労働者階級
中央党~宗教的少数派としてのカトリック政党、地域利害
保守党~プロテスタント政党、東部地主層を代表
国民自由党~プロテスタント系市民層、プロイセンによる帝国建国に協力
左翼自由主義諸派~プロテスタント系市民層、プロイセンの支配に反対


第一次大戦の敗北とドイツ帝国崩壊
ワイマール共和国へ
政党の構成は継続
⇒社会民主党
⇒中央党
保守党⇒国家人民党
国民自由党⇒人民党
左翼自由主義諸派⇒民主党

+比例代表制の導入による小党乱立

議会内多数派による安定的政権運営が困難に


共和制の崩壊とナチスの政権掌握
ワイマール共和国における政党得票率(議席数)の推移
共和制後半期(多数の政党の乱立)
民主党と人民党の衰退(自由主義政党の衰退)
ナチスの台頭
プロテスタント市民層がナチスを支持
戦後のインフレと不況による没落の危機に瀕した中間層

民主党、人民党支持→国民人民党支持→ナチス支持へ


社会民主党
しっかりした組織基盤としての労働組合

中央党
カトリック教会という組織基盤


ナチス党の社会的構成
ホワイトカラー(25.6%)
農民(14.1%)
手工業者と自営業者(9.1%)
商人(8.2%)
自由職業家(5.0%)
教師(1.7%)
その他の公務員(6.6%)
以上、社会全体の平均値より高い
労働者(28.1%)
社会全体の平均値よりはるかに低い
(デートレフ・ポイカート)


政党システムへの新政党の新規参入
既成政党が従来の支持基盤を喪失したりして、政党構成が大きく変動することが必要

既成政党から離れた階層
既成政党システムに組み込まれていなかった層

既成政党を超える急進的な政策や新たな争点の提示

ナチス党~ヴェルサイユ条約に対する国民の反感を組織化することに成功した


政党制再編の条件
いかなる争点を提示すべきか
保守主義・リベラル・社会民主主義vs.脱物質主義的価値観?
エコロジー、ジェンダー、「ニュー・ポリティクス」…?

政党編成を促すような争点とは、
社会構成員の大多数の実質的利害に関わり
構成員の立場がそれによって二分される争点
⇒政治の場で解決を迫られるような争点


戦線の形成
新規参入から政権獲得へ
ナチス党
1933年3月選挙 得票率43.9%(44.5%の議席)
政権掌握直後の選挙

自由な選挙のもとで絶対的な多数を獲得することがいかに困難か

同盟者と支持基盤
いかに強力かつ多数の支持基盤をもつ政党といえども選挙を通じて-議会のルールに従って-政権を獲得し維持していくためには、同盟者が必要
安定的な多数派連合を形成する必要
(潜在的な)敵の切り崩しや無力化、中立化


政党と利益団体
社会主義政党と労働組合
ブルジョア政党と経済界、業界、農業関係団体
宗教諸宗派など

その国の社会的対抗関係

政党と利害団体との密接な結びつき
だが、政党は社会的諸利害のストレートな代表ではない

政党と利益団体
利益団体の経済的な重要性と政治的な影響力は必ずしも一致しない

政党指導者は、自己の政党の支持基盤のもつ社会的利益に配慮する必要はあるが、それに完全に拘束される必要はないし、拘束されるようではだめ

ワイマール共和国の解体
多党制⇒三党以上の政党による連立政権
社会民主党、中央党、民主党の連立
=「ワイマール連合」
大連合= 「ワイマール連合」+人民党

労働者政党、カトリック政党、ブルジョア自由主義政党の連立
複雑な利害対立の存在
社会主義的政策、世俗教育と宗教、、、

ワイマール共和国の解体
ワイマール連合を中心とする微妙なバランスと妥協
社会民主党と自由主義諸政党との間の妥協
労働者と資本家との間の妥協
ワイマール憲法における「自由権」と「社会権」
 ~「社会国家」

⇒1929年の世界恐慌
失業者の増大、失業保険法改正をめぐる対立
大連立内閣の崩壊

議会内多数派による内閣の不可能⇒大統領内閣へ
大統領ヒンデンブルクによるヒトラーの首班指名へ

議会制の前提条件
議会内多数派形成の失敗

議会制成立の前提条件
合法的権力掌握と革命
革命と内乱

---
レポート課題(その2) 【再掲】
テキスト『共存のための技術』p.99<演習問題>1と2に答えよ。
合わせてA4用紙1枚にまとめること。

■提出日 12/15の授業時  (遅れて提出の場合には、12/22の授業時まで受け付ける。その際の評点は80%とする。それ以降の提出は受け付けない。)レポートの提出様式(授業用ブログに掲載)に従うこと
スポンサーサイト
tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。